経理のアウトソーシングってできるの?事業者選びのポイントも知っておこう

経理はアウトソーシングできないと思っていませんか。これまでアウトソーシングと言うと、データセンターでのデータ管理やWebサイト運営などが中心でしたが、最近では労務管理や総務関係、物流部門などの業務のアウトソーシングも珍しくない時代になりました。

今回は、社内でも一番ペーパーワークが多い経理のアウトソーシングについて、メリットやデメリット、業者を選ぶためのポイントをご紹介します。

経理をアウトソーシングする理由

経理の仕事は、会社の運営にとって重要な業務です。しかし、会社によってはIT化が進んでいるのに紙で処理する経理に支配され、マーケティング活動や営業活動が思うようにできないといった現象がみられます。

また、情報漏えい防止を心配するあまり経理の作業がブラックボックス化してしまい、業務フローが不透明で非効率なまま進んでいる場合もあります。

もし、こうした点に思い当たることがある場合は、思い切って経理のアウトソーシングを考えてはいかがでしょうか。アウトソーシングすることで、経理プロセスの見える化と効率化が期待できます。

経理業務でアウトソーシングできる業務には、伝票処理にかかわる毎日の単純な業務だけでなく「月末や期末の決算処理」「報告書作成」「税申告業務」「債権管理」「固定資産管理」「予算実績管理」など、専門知識を要するものがあります。

アウトソーシングするに当たり、自社の問題点がどこにあるのかをまず明確にして、どの部分が該当するのかを検討してみましょう。

経理のアウトソーシングのメリット

経理業務をアウトソーシングすると、次のようなメリットがあります。

  • 経理社員の労務管理をしなくてよい
  • 給与だけでなく、社会保険・福祉コストや採用コスト、教育コストが節約できる
  • 専門知識がある業者のスタッフが処理するので数値が信頼できる
  • 会社のコアの業務に専念できる
  • 第三者が処理をすることで不正が防止され監査対応が楽になる
  • 自社ではなかなか導入しにくい最新のITシステムを活用するので業務が効率化される
  • 給与に関する個人情報が社内で流出しにくい

経理のアウトソーシングのデメリット

経理業務のアウトソーシングには、次のようなデメリットがあります。

  • 委託する業者にわかりやすいように、現在の複雑な経理業務内容をマニュアル化しておく必要がある
  • 緊急の支払いなど、規定のルールが適用できない例外措置が必要な場合、委託先では柔軟に対応できない
  • 社内での処理は効率化できるが、自社と業者の間での情報や書類の受け渡し業務が追加される

自社に合った事業者選びのポイント

委託先の業者を選ぶ前に、まず経理業務のどこからどこまでを委託するかを明確に決めておきましょう。

例えば、経費精算業務などにはクラウド型のサービスがあります。

このような部分的業務はクラウドサービスを導入して経理作業を効率化すると、会計システムや経理ソフトなどのパッケージ導入やアウトソーシングよりもコストダウンできるので、経理のどの部分がボトルネックになっているのかをまず見極めなければなりません。

また、経理業務のアウトソーシングでコスト削減をねらっても、すぐにコストダウンできるとは限らないので、初期コストが高くつく場合もあります。そのため、効果がすぐにでることは期待せず、最終的にコストダウンにつながることを目指して、2~3年のスパンで検討することが必要です。

では、業者を選ぶ際には、どのような点に注意すればよいでしょうか。業者選びのポイントをまとめてみました。

ポイント1.
経理のアウトソーシングは、もともと知識のない個人事業主が利用する場合が多かったので、法人向けの経験があまりない業者も存在します。できれば、法人向けサービスに特化した業者を選びましょう。

ポイント2.
アウトソーシング先の業者が、さらに業務を下請けに出して人件費を節約している場合もあります。トラブル防止のため、どのような人員体制になっているかを必ずチェックしましょう。

ポイント3.
経理業務の処理だけでなく、財務や経営戦略に役立つアドバイスなどもサポートしてくれる業者がベターです。

ポイント4.
IT化は日々進んでいますから、経理や財務の専門知識があるだけでなくシステムに強い業者が安心です。

ポイント5.
入出金が決められた期日どおりにできないと会社の営業活動に支障がでます。納期をしっかり守る業者を選びましょう。

ポイント6.
外資系やグローバル企業の場合は、国際会計基準に詳しく業界の専門知識がある業者を選ぶのがベターです。

業者が決まったら、契約した価格でどこまでやってもらえるのかをしっかり把握・合意しておかないと、あとでトラブルになりかねませんので、注意することも必要です。

まとめ

経理をアウトソーシングするのに、まだ抵抗がある会社は多いようです。しかし、スリムな体質でコアの業務に専念することで業績アップを図る時代はすでに到来しています。経理業務のすべてを業者に丸投げするのではなく、便利なソフトやツールを利用して、自社できる部分は自社で対応するのが理想的な時代になりました。

自社の経理業務のスリム化を考えているなら、より便利で効果的な経理アウトソーシングを提供できる業者を選びましょう。

著者プロフィール

著者アイコン
Back Office Heroes編集部